Archive for 3月, 2011

東北地方太平洋沖地震被災地への支援について

水曜日, 3月 23rd, 2011
私ども十津川農場では、被災者救援物資として、
とりいそぎ
「ねじめびわ茶500mlペットボトル24本入」
50ケースの提供を
決定致しました。

被災地への迅速かつ確実な配送を確保するため、
福岡県庁福祉労働部福祉総務課を通じて提供を申し出ております。

福岡県庁福祉労働部福祉総務課では
現在、被災地の受け入れ態勢が整っていないことなどから
提供物品の情報のみを受け付け、
被災地の要請があり次第、発送するとの事です。

被災地の皆様におかれましては、
一日も早い復旧がなされますことをお祈りいたします。

東北地方太平洋沖地震に関しまして

火曜日, 3月 22nd, 2011
この度の東北地方太平洋沖地震により被災されました皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

皆様、またご家族の方々はご無事でしょうか。
遠く鹿児島の農場スタッフも驚き案じております。

いろいろなことで不安が広がる状況ではございますが
一日も早く心穏やかな生活にもどられますよう
心からお祈り申し上げます。

あくまき

水曜日, 3月 9th, 2011
南九州の郷土和菓子「あくまき」。

主に端午の節句などのお祝い事によく作られています。
(作り方などは過去の記事を参照)

鹿児島の農場スタッフの各家庭では
早くも「あくまき」を作り始めています。

こんな風に、竹の皮に包まれています。
「あくまき」自体が雑菌が繁殖しにくく、
その上、抗菌作用を持つ竹の皮で巻かれている為
昔は保存食として重宝され、
兵糧にも使われていたのだとか。
ねっとり、もっちりです。
竹の皮の紐で「あくまき」を切ります。
「あくまき」は、単体で食べると無味なので、
砂糖やきな粉をかけて食べます。
食感はねっとりしていますが、
口に含んでいると、とろりと溶けます。
「あくまき」と「ねじめびわ茶」。
どちらも保存料着色料無添加。
安心安全な鹿児島県の特産品です。

香椎浜イオン様にて

土曜日, 3月 5th, 2011
通販部のある福岡県では、桜のつぼみが膨らみはじめました。

さて、ただいま、福岡県香椎浜のイオン様にて
「鹿児島うまいものフェア」が開催されています。
そのイベントの中で、ねじめびわ茶の試飲販売をさせて頂いております。

農場の名物宣伝部長「上八重(かみはえ)」も参加しておりますので
是非是非お近くにお立ち寄りの際は遊びに来てください。

この画像の上八重はカメラを向けられて
緊張した顔になってしまっていますが
実際に会うとニコニコ顔で優しいですよ~
会いに行ってみてくださいね~!
福岡県香椎浜イオン
「鹿児島うまいものフェア」
2011年3月4日(金)から3月6日(日)
10時から19時まで

春の足音

金曜日, 3月 4th, 2011
農場では桜が開花し始めました。
花先を淡いピンク色でほんのり染めた姿を見ると
「ワクワク」「切ない」といった感情が
入り混じるのは私だけでしょうか。
桜を見る時期には出会いや別れを感じる事が多いからだと思うのですが…
農場の周辺では沢山の自然の恵みに出会えます。

アジサイの葉芽もぐんぐん成長中。

菜の花
水仙
椿(おそらく、不如帰(ホトトギス))
桃色の椿
ナズナ(ぺんぺん草)
パンジー
寒さが落ち着いたら、もっともっと花が咲き始めます。
農場の本格的な春は、もうすぐです!