繁忙期前のスタミナづくりに

十津川農場では、もうすぐ繁忙期を迎えます。
びわの実の収穫が終わり、本格的なびわ葉の剪定シーズンに
突入。その葉をどんどん、びわ茶にしていくのです。

その前夜祭として恒例なのが、スタミナづくりの
焼肉パーティー。
今年は、農場主みずから書いたポスターで、
社内告知がはじまりました!

 

1年半ぶりに河内家菊水丸師匠がご来訪♪

2017年11月、17周年記念行事で、「大隅半島名所双六」を
熱演してくださった河内家菊水丸師匠が1年半ぶりに
十津川農場にお越しくださいました。

お越しいただいた夜は、もちろん、「ねじめびわ茶」で
黒豚しゃぶしゃぶを召し上がっていただきました。

師匠は、吉本興業に所属しながら、河内音頭の継承者としてご活躍
されているのですが、その一方で京都で唯一の村・南山城村にご在住で、
村の活性化のサポーターとしても、活動されていらっしゃいます。

そこは、7600人という南大隅町の半分以下の村民数。

過疎化が進む自然豊かな場所の話題では、相通じる部分も
多く、役場を表敬訪問されました。

 

 

 

「令和」元年は十津川農場20期の幕開け

「平成」が終わり、「令和」に改元された本日は、
十津川農場においても、20期が始まる特別な日です。
今期スタートということで、気持ちもあらたに、
精進してまりますので、よろしくお願いいたします。

「令和」に変わる午前0時過ぎに、氏神神社・鹿父(しかぜ)
神社の打越宮司さまにお越しいただき、この節目のご神事を
執り行い、感謝の意を祈りにこめました。