桜島

毎日暑い日が続いております。
昨日、桜島が噴煙の高さ5千メートルという
記録的な爆発をおこして
ニュースでも話題になっています。
十津川農場のある、南大隅町根占では
降灰による被害はありませんでしたが
鹿児島市内はあたり一面真っ白になっていましたね。

降灰がひどいと、車の運転に支障をきたしたり
農作物への影響が懸念されたり…心配はつきません。

しかし、鹿児島県民にとって、爆発的噴火や降灰は
わりと日常になっています。(今回も今年500回目の爆発ですし)
よく考えると、全国的にも珍しく、かなり特殊な環境なのですが
エネルギー溢れる桜島は、
ふるさとのシンボルとして…
時にはその雄大な姿に元気をもらったりして…
鹿児島県民には当たり前の存在として愛されています。

人的被害だけは起こらないように、
ほどほどに爆発してくれたらいいのですが…
私たち自身が気をつけて暮らしていくのが一番の安全策ですね。