鹿児島大学の学生がご来訪♪

鹿児島大学農学部の学生の農業現地体験の一環で、

今年も南大隅町にご来訪されました!

農山村地域の課題や持続可能な要素を発見したいくのが

今回の学びのポイントだそうです。

 

59歳のときに、福岡から、縁もゆかりもなかった過疎化・高齢化の進む根占に、

「未利用資源のびわの葉を使って、お茶をつくる」という地域経済活性化の

モデルとなる十津川農場の取り組み。

その18年の軌跡を農場主が自分の体験話として、

孫のような世代に、頑張ってほしいという思いも込めての熱く語る1時間となりました。

もちろん、農場のなかも、熱心に視察されていきました。

 

 

 

Leave a Reply