春のびわ畑

南大隅町は、日を追うごとに、
日差しが強くなってきています。
露地のびわの新葉は、みるみる大きくなって、
実も大きくなってきています。
木と木の間には、菜の花が咲いていますが、
これは、除草剤などの農薬を使っていない
から共存共生している証なんですね。
菜の花を目当てに、モンシロチョウが
飛んでいるスローな時間がここ南大隅町なんです。
この新葉を1年かけて育て、びわの茶葉の
原料にしていきます。!

PS:もちろん、ハウスのびわの実は、
すっかり色づき、出荷を待つばかりです。