夏の『ねじめびわ茶』の愉しみ方

きょうは、『ねじめびわ茶』を使ってさっぱり仕上げるお料理。

ビタミンも豊富な豚肉は、夏のスタミナづくりに人気ですが、
脂身のしつこさでたくさん食べれない…というお声も
耳にします。そんなときは、『ねじめびわ茶』を煮立てて、
さっとゆがいてみてください。さっぱり味に仕上がります。

鹿児島の焼肉店やステーキハウスで、出汁をびわ茶にするしゃぶしゃぶや
食事中のお茶を『ねじめびわ茶』にしているところもあります。

口内に残るアブラをすっきりさせて、たくさん召し上がっていただきたい
という理由で、使っていただいています。

あとは、お好きな薬味を添えて、めんつゆで、そーめんなどと
ご一緒にどうぞ。

アブラを落としたスープは、野菜やきのこを足して塩こしょうで
味を調えたみたり、みそ汁にしても美味です。

※『ねじめびわ茶』は、アブラ分をすっきりさせる特長があります。
焙煎で化学変化を起こしたポリフェノールのなさる技だと鹿児島大学は
考えています。