枇杷(びわ)葉の話

びわの葉

皆さん、枇杷(びわ)の葉をご存知ですか?
初夏のフルーツとして知られる「枇杷(びわ)」ですが、別名「大薬王樹」と呼ばれ、その葉は「枇杷葉(びわよう)」「枇杷葉温灸」「枇杷葉エキス」など、昔からさまざまな用途で活用されてきました。
十津川農場では「びわ葉」だけを使い「ねじめびわ茶」を製造していますが、この「びわの葉」についてご紹介いたします。

枇杷(びわ)ってどんな植物?

びわがなっているびわの木

枇杷(びわ)はバラ科の常緑高木で、高さは5〜10メートルにもなります。
枇杷の名の由来は、その実や葉の形が、日本の伝統楽器「琵琶」の形に似ていることとされています。その実はオレンジ色のぽってりと丸みを帯びており、華やかで上品な甘い香りが口いっぱいに広がる味わいは、日本の初夏の到来を告げる果物です。

初夏の訪れが早い鹿児島では、ゴールデンウィークを過ぎた頃になると、車窓から山肌のびわ畑にたわわに実った枇杷の実が見られるようになります。

鹿児島県南大隅町根占のびわ畑から望む錦江湾と開門岳

十津川農場のある鹿児島では、桜島から大隅半島の錦江湾沿いの地域でびわ栽培が盛んです。生育環境に恵まれていることから、桜島や大隅半島の特産品となっており、その栽培面積は全国第2位を誇ります。

びわ葉は、長さ20cm前後の長楕円形で、縁がノコギリ状にギザギザしており、葉は厚く硬く、葉脈がくっきりしているのが特徴です。
また葉の裏に淡褐色のうぶ毛にびっしりと覆われており、このうぶ毛をきちんと取り除いていないびわ茶の場合、飲んだあとに喉がイガイガとなる原因になります。
ねじめびわ茶は生産工程でうぶ毛を丁寧に取り除く処理をしており、「スッキリとしたのどごしのびわ茶」を実現しています。

十津川農場ねじめびわ茶の茶葉

「びわは捨てるところがない」と言われるほど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。江戸時代には、乾燥させた枇杷の葉と肉桂・甘草・莪蒁(ガジュツ)・甘茶などを合わせて煎じた「枇杷葉湯(びわようとう)」が暑気払いの飲料として大ブームになりました。

その果肉は生食のフルーツとして、コンポートやジャム、びわ酒として。種は中国では「枇杷核・枇杷仁」と呼ばれ、漢方の生薬として。
そして、びわ葉は枇杷葉(びわよう)と呼ばれ、濃く煮た煎じ汁は、飲用、浴用、かゆみ止めとして愛用された他、温灸でも利用されており、その伝承療法は現代にも受け継がれています。

びわ葉の有効成分を引き出す「天日干し」と「トルマリン石焙煎」

トルマリン石を使った高熱焙煎

十津川農場ではびわ葉の有効成分をより多く引き出すために、天日干しとトルマリン石を使った高熱焙煎を行っています。
そのため、従来のびわ葉と比較して、3.5倍のポリフェノールが含まれています。またその他、ミネラルが含有されており、身体に嬉しい効果が確認されています。
ミネラルは、私達の体に必要な5大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル)の1つ。
ねじめびわ茶なら、必須ミネラルの内、カルシウムとカリウムの2種類を摂取することができます。

鹿児島大学との共同研究のご紹介

昔から里の万能薬として、漢方や民間療法で使われてきたびわの葉。
これまで弊社では、びわ茶生活を送るお客様から多くのお喜びの声をいただいてきました。
そのさまざまな効果のしくみを解明するため、鹿児島大学などと研究を行っております。

ポリフェノールが3.5倍に!

鹿児島大学との共同研究によって、生葉と焙煎後のポリフェノールを比較すると3.5倍に増えていることがわかりました。ポリフェノールは、どんな植物にも存在し、紫外線からの身を守るために存在しています。ポリフェノールは一般に、害のある物質を無害な物質に変える作用があると言われています。
『ねじめびわ茶』のポリフェノールは何種類かのポリフェノールが重なり合っていて、「めぐり」や「スッキリ」を叶えてくれているということです。
また、鹿児島大学との研究により、共有特許(特許第4974116号)を取得致しました。